読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Way of Code

興味の赴くままに書き綴っていきます。

Mac OS X 10.7.3 リリース

News Mac

OS Xの10.7.3がリリースされました。カーネルがDarwin 11.3.0に更新されます。
f:id:toggtc:20120203183827p:plain
Hexley DarwinOS Mascot Copyright 2000 by Jon Hooper. All Rights Reserved.
Darwinのマスコットキャラ、Hexleyくんです。
ライオンという化けの皮をはがすとカモノハシになるんですよ、ええ。

さて、OS X 10.7.2から10.7.3へアップデートした場合、以下のようにカモノハシカーネルとSafariがバージョンアップします。

クラッシュした人が多数居るようなので、しばらく様子を見たほうがいいでしょう。
参考:http://news.mynavi.jp/news/2012/02/03/132/

それでもなお、という方はアップデートしてみてください。
私はアップデートして、ChromeThunderbird、Evernote、MacVim等々を使用しましたが特にクラッシュは発生していません。

10.7.3 アップデートの内容:
http://support.apple.com/kb/DL1485?viewlocale=ja_JP
http://support.apple.com/kb/HT5048?viewlocale=ja_JP

セキュリティアップデートの詳細:
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

個人的にはスリープ復帰後にWiFiに繋がらなくなる問題が解決した点が嬉しい。

事前準備

(1) バックアップ
事前に重要なデータをバックアップしておくなり、Time Machineを使ってバックアップを作成するなりしてください。
(参考)Time Machineの使い方:http://support.apple.com/kb/HT1427?viewlocale=ja_JP
#バックアップなんていらねぇよ、そんなディスクスペースねぇよ、という私のような方はリスク覚悟でそのままアップデートしてください。

(2) 空き領域確保
また、アップデートソフトウェアのサイズが744MB程あるので、ある程度の空き容量を確保しておいてください。
(アップデート完了後に、アップデートソフトウェアは自動で削除されます)

(3) アプリケーション終了
起動中のアプリケーション(ブラウザとか)を終了しておきます。

(4) 電源ケーブルを繋いでおく
MacBookな方は、電源ケーブルを繋いでおきましょう。

アップデート手順

アップデートを開始したら、終了するまで中断しないでください。

(1) 左上のりんごマークを押して、ソフトウェア・アップデートを選択する
f:id:toggtc:20120203071232j:plain

(2) ちょっと待つ
f:id:toggtc:20120203071702p:plain

(3) 「詳細情報を表示」を押す
f:id:toggtc:20120203071720p:plain

(4) Mac OS X アップデートが含まれていることを確認して、「x項目をインストール」を押す
f:id:toggtc:20120203071747p:plain

(5) 同意する
f:id:toggtc:20120203071929p:plain

(6) しばらく待つ
f:id:toggtc:20120203072421p:plain

(7) 再起動する
f:id:toggtc:20120203071944p:plain

(8) 結構待つ
再起動時に、ソフトウェアのアップデートが実行されます。

(9) ログインする
起動したら、いつも通りログインします。

(10) もう一度(1)を実行して、アップデートが無いか確認する
f:id:toggtc:20120203074522p:plain

(11) アップデートされたか確認する
りんごマークを押して、「このMacについて」を選択する
f:id:toggtc:20120203074755j:plain

f:id:toggtc:20120203074934j:plain

10.7.3と表示されればアップデート成功です。

Terminalから`uname -r`と打っても確認できます。